感じる皮膚・2

「さる年生まれの人から、さる年に赤い下着をプレゼントしてもらうと
一生下の世話を掛けずに人生の最後を迎えられる」
という「言い伝え」「迷信?」を聞かれた事ありますか?

昔、母がこの「言い伝え」を信じて
さる年生まれの父が可愛い娘(私)の為に赤いパンツを買いに行かされてました・・。
可愛そうに。
昭和一桁の父にとってはさぞかし恥ずかしかった事でしょう(笑)。

何でこんな話かと言うと、最近肌が感じているのは圧や熱だけでなく
「色」も感じているという事が解かってきたからです。

通常人は眼で色を識別します。
人間の網膜には
赤を感じる細胞、緑を感じる細胞、青を感じる細胞があるので、
私たちの眼は、色を識別することができます。

紫外線

皮膚は紫外線を感じても、それより波長の長い可視光の影響は受けない
というのが、長い間の定説だったらしいのですが。
これをくつがえす発見がされた訳です。

皮膚の角層バリアを壊し、ここに赤、緑、青のLEDの光を当てます。
赤い光を当てると、バリアの回復が早まり、
緑は変化なし。
青の場合は、バリアの回復が遅れる。

そこで研究が進んで、網膜にある色を識別するタンパク質が
人の表皮にも存在するという事が解かってきたんですね。

巣鴨を中心に高齢の方に赤い下着が流行ったり・・
還暦を迎えた方に赤いちゃんちゃんこを贈るのも、
人が自然と色のパワーを感じているのかもしれません。

世の女性には(男性も)堂々と綺麗な色の下着や洋服を楽しんで頂きたいと思います。
肌も喜びます!

関連記事

トラブル肌・リワインド専科
デトックスサロンRana
奈良県生駒市辻町771-17
近鉄奈良線「東生駒駅」から徒歩4分
駐車場1台完備
 

スマホ・タブレット・パソコンから btn_reserve_4

toiawase-2

LINEで予約・お問合せはこちらから 友だち追加

Ranaブログ

Rana 通信
定期的(気まぐれ)に美容と健康の情報をお届けしています
Sarah(サラ)
株式会社ラナがプロデュースするナチュラルコスメ
生駒市奈良市大和郡山市東大阪・布施大東市枚方市寝屋川市門真市
ページ上部へ戻る